アウデワーター・魔女の計量所とゴーダのツアー

アウデワーターの街

オランダの小さな街・アウデワーターにある珍しい博物館『魔女の計量所』。そして、チーズで有名なゴーダ(ハウダ)へご案内したツアーの様子をレポートとしてお届けします。

今回は、アウデワーターにある魔女の計量所に、ぜひ行ってみたいとの依頼でした。

この度のツアーの内容は、

  • アムステルダムからの日帰り
  • アウデワーター(Oudewater)で『魔女の計量所』の見学と街の散策
  • ゴーダ/ハウダ(Gouda)で市内観光

この日は丁度バレンタインデーでしたので、街にはハートの風船が至る所に飾られてありました。

⒈アウデワーターでのご案内

魔女の計量所博物館

まず先に訪れたのは、かつて魔女狩りが行われていたという、魔女の計量所・博物館へ訪れました。この建物は15世紀に建築され、中世の後期には「魔女裁判」というものが行われていました。

当時の人達は宗教的で、悪魔や魔女は災難をもたらすとして信じられていたのです。魔女は空を飛べることから軽いと思われ、疑わしい女性の体重を測って裁判をしていました。そして、体重が軽すぎると「魔女」ということで処刑されていたのです!

魔女を測る天秤

その魔女裁判で使われていた大きな天秤がここにあるのです。天秤は15世紀から使われてきたオリジナルな物で年季を感じます。

当時は身長との割合で体重が軽くなければ、魔女ではないという公式の証明書が発行され、処刑されることはありませんでした。

ご案内した方も体験で実際に計量してみました。軽すぎることはなかったので、魔女では無いことが証明されました!(笑)

魔女の人形

博物館内には魔女の人形や、お土産の小物などがたくさんありました。

アウデワーター旧市庁舎
アウデワーターの通り
アウデワーターの通り

魔女の計量所を訪れた後は、旧市庁舎や運河沿いの通りを散策してカフェで昼食。その後バスでウールデン駅(Woerden)に戻り、鉄道でゴーダ(Gouda)へと移動です。

⒉ゴーダに移動してご案内

ゴーダの街の通り

アウデワーターに引き続きゴーダの街でのご案内となりました。ウールデン駅からゴーダまでは、鉄道でたった13分の移動です。ゴーダ駅から市内中心部までは、歩いて10分ほどで行くことができます。

こちらでも、街の通りにはバレンタインデーの飾りで、風船がたくさん取り付けられていました。

ゴーダで有名なものといえば「ゴーダチーズ」ですね。チーズ専門店に立ち寄り、日本には無いようないろんなチーズを見たり、試食もして楽しまれました。

ゴーダの旧市庁舎

街の中心部にある14世紀に建てられた旧市庁舎と、オランダで一番大きな聖ヤン教会の見学。そして、天気もよくなってきたので、街を散歩しながらご案内いたしました。

ちなみに、4月から8月の毎週木曜日には、この旧市庁舎前の広場でチーズ市が開催されるのが見ものです!

ゴーダのストロープワッフルのお店
ストロープワッフル

そしてもう一つ、ゴーダで絶対に忘れてならないストロープワッフルのお店「カンプハウゼン」

世界的にも人気のあるストロープワッフルは、ゴーダのパン職人「カンプハウゼン」が発案しました。そのお店がここにあるのです。

ご案内した方も試食をして、何個かお土産に買われました。

⒊ツアーも終わりアムステルダムへお戻り

アウデワーターとゴーダの観光を満喫され、アムステルダムへ戻ることになりました。

ゴーダから鉄道でアムステルダムへ行くには、デン・ハーグ経由とユトレヒト経由の2通りの方法が選べます。どちらも時間的にはあまり変わりませんが、デン・ハーグへ行く列車が遅れていたので、私の判断でユトレヒト経由を選びました。

そして、遅れくことなく夕方にはアムステルダムに戻り、滞在先のホテルで解散となりました。

以上が日帰りでのアウデワーターと、ゴーダの街へのツアーでした。

オランダプライベートガイドでは、このように行ってみたい場所があれば、計画を立てご案内いたしております。ガイドの相談やお申し込みがありましたら、お問い合わせ下さい。